(仮)相浦の葬祭場

意匠設計 百枝優建築設計事務所(https://www.yumomoeda.com/works)

構造設計 XYZ structure

構造形式 木造平屋(在来軸組工法)

竣工年  2021

計画地  長崎県

写真   

概要 構造形式は木造在来軸組工法を主体とし、一部鉄骨部材を補助的に挿入することでシンプルな架構とした。 反復する山型屋根形状が内部空間でも面的に展開することから、単純な登り梁の合掌を連続させ、折板屋根とすることでスラストを相殺して安定させた。 構造材は一般的な流通材を使用できる材長とすることや、屋根頂部の棟梁を繊細な鉄骨束柱で部分的に受けて屋根を効率的に支持させることで、経済性や施工性に配慮した。 葬祭場の御見送りの場として最も重要であった車寄せの架構においては、足元を全面浮かすこと、急勾配の屋根面、一連のガラスのトップライト、を一列の壁面のみで支持するというお題に対して、構造力学の教科書的なスリーヒンジラーメンを応用して安定させたうえ、RC角型礎柱を介して基礎に地震力を伝達させるものとした。  

 

 The structure mainly uses the traditional wooden frame construction method, and partially uses steel frames as an auxiliary, making it simple system. As the repetition of the mountain-shaped roof is projected in the interior space, the thrust force is offset and stabilized by using a folded-plate roof with pairs of climbing beams. As for the structural material, mainly the use of general distribution materials, economic efficiency and workability are taken into consideration by efficiently supporting the ridge with delicate steel columns. By applying three-hinged frame, basic structural response, to the tunnel as the most important space of this funeral hall, it meets structural demands, such as the steep roof, the continuous top lights. supporting those with only a line of bearing walls with wide openings below, and transmitting the seismic force to the foundation via RC foundation pillars.